ガネーシャ通信
■ バックナンバー

☆ーーーーーーーー☆★ーーーーーーーーーーー
 インド・ガネーシャ通信 NO.521
   
          2022年7月11日

   https://www.makaibari.co.jp
tea@makaibari.co.jp"

  インドをもっと知りたい方 必読!!! 

<2001年8月3日創刊>

★☆ーーーーーーーーーーーーーー☆★ーーーー

◆インドで生活している人はどんな生活をしているんだろう。
デリー在住 インド人(前)インド・ネルー大学日本研究
センター・プレム・モトワニ教授が「日印文化比較」を様々な
角度からお届けしています。

========================

2022年7月8日(金)午前11時30分、安倍晋三元首相が、
演説中に背後から銃撃を受け、街頭で亡くなられました。

あってはならないことで、言葉もありません。

心よりお悔み申し上げます。

インドのモディ首相は1日喪に服されました。

 

========================

◇◆インド人からのインド便り No.521

   

インド・デリー在住    by-プレム・モトワニ
(元 インド・ネルー大学教授)

日印文化比較:「新兵士募集計画」への批判

 

インド政府が、6月に「新兵士募集計画」を、発表した。

「新兵士募集計画」では、

1)兵役期間が5年から4年へ短縮

2)今までは、年金がでて、医療保険等の福利厚生が与えられていたが、
今後は一切与えられない。

3)4年後の新規採用者4万6千人のうち軍に残れるのは25%のみ。
残りの75%は退役し、退職金として一時金が支給されるが、
年金は出ない。

政府によると、その目的は兵士の平均年齢を数年間で現在の32歳から
26歳にすることと政府への年金負担を軽減することである。

因みに、インドの防衛費の半分近くが兵士の年金に与えられていることを
考えると、新計画はわかるような気がする。

しかし、経済の減速化とコロナ禍でここ3年間軍による新規採用が
留まっていて、農村地区の高校2年卒の若者にとって軍が長年
貴重な就職先になっていた。

そのため複数の州で抗議行動が行われ、中には暴動まで発生した。

インドは2018年ごろから経済の減速があり、厳しい就職難になっている。

それをさらに悪化させたのは2020年からのコロナ禍で、大卒が、なかなか
就職できなくなっている。

そのため、軍が大きな頼りになっていたが、それもこれで制限されることに
なっただけではなく、4年後に再就職先を探すことになるため若者の間で
怒りと落胆が見られる。

インドは学歴社会で、高校2年しか出ていない軍の役務を終えた若者に
とって就職先を見つける事は皆無に等しい。

若者の怒りを見て、政府が役割を終えた若者のために準軍部隊などへ
再就職できるように枠を設けるとか、高卒の卒業証を提供するとかなどを
慌てて発表した。

一方で、企業もそういう若者に採用の機会を与えると言い出しているが、
若者の間に不安が募っている。

なぜなら、高卒だとせいぜい警備員の仕事しかなく、その給料が兵士の
半分以下で、将来性がないからである。

一方で、専門家の多くは、中国とパキスタンと緊張関係が高まっている中、
兵士の「契約労働制度」が長い目で見て安全保障上大問題であると
言って新計画を批判している。

       【了】

 

========================

【最後に】

インドからは、安倍晋三元首相が亡くなられたことで、
仕事関係の人を始め、友人、知人からお悔やみのメッセージが
私どもに次々に届きました。

インドでは、安倍晋三元首相は、首相時代に2度インドを訪問されて
いて、大変人気がありました。

今年は日本とインドとの国交樹立70周年になります。

今年5月、日印協会の会長を森喜朗元首相が退任された後、
安倍晋三元首相が就任されていました。

日印協会は明治36(1903年)に大熊重信侯爵、長岡護美子爵、渋沢栄一翁によって
組織されました。

日本とインドとの長い交流です。

日印協会のホームページ
https://www.japan-india.com/

安倍晋三元首相の挨拶文
https://www.japan-india.com/about_us/message

 

★ 最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

======================

"紅茶専門店スタッフのブログ:マカイバリ紅茶日記"
こちらのブログはインド発と日本発です。
↓      ↓       ↓
http://makaibari.tea-nifty.com/blog/

=========================
マカイバリジャパンのホームページにも時々訪ねてみてください。
お待ちしています。
↓      ↓     ↓     ↓
https://www.makaibari.co.jp/

ダージリン・マカイバリ通信の登録はこちらから。
↓        ↓       ↓
https://www.mag2.com/m/0000072500.html
======================
インド・ガネーシャ通信管理人:石井 洋子
(インド・ダージリン・マカイバリ茶園総代理店)
https://www.makaibari.co.jp/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎インド・ガネーシャ通信
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000073045.html?l=jpo00038b8



マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 有限会社マカイバリジャパン
〒165-0025 東京都中野区沼袋4-38-2
tel: 03-5942-8210 / fax: 03-5942-8211 / tea@makaibari.co.jp

「マカイバリ」の呼称およびロゴは有限会社マカイバリジャパンの登録商標です
Copyright (C) 2022 Makaibari Japan Ltd. All Rights Reserved.