ガネーシャ通信
■ バックナンバー

☆ーーーーーーーー☆★ーーーーーーーーーーー
 インド・ガネーシャ通信 NO.504 インドでコロナウイルス「第二波」, 感染者急増
   
          2021年4月7日

   http://www.makaibari.co.jp
    tea@makaibari.co.jp"

  インドをもっと知りたい方 必読!!! 
  
     <2001年8月3日創刊>

★☆ーーーーーーーーーーーーーー☆★ーーーー

◆インドで生活している人はどんな生活をしているんだろう。

デリー在住 インド人(前)インド・ネルー大学日本研究
センター・プレム・モトワニ教授が「日印文化比較」を様々な
角度からお届けしています。

========================

日本は、新型コロナウイルスの感染が全国で再び拡大して
いるとの連日の報道。

そしてインドも再び拡大しているとのニュース。

デリーからは
4月6日から4月30日まで、外出禁止令が発令。

「この頃、やはりコロナ以外にニュースはありませんね。」
とのモトワニ先生のコメントつきで、今月もコロナの記事に
なります。

========================

◇◆インド人からのインド便り No.89

   

インド・デリー在住    by-プレム・モトワニ
         (元 インド・ネール大学教授)

 

日印文化比較:
   インドでコロナウイルス「第二波」, 感染者急増

インドでピーク時(昨年9月)に1日10万人近くまで
増加していたコロナウイルス感染者は、2月には一日
1万件つまり10分の1レベルまで下がっていたが、
3月に第二波が発生し、再び1日6-7万人レベルまで
急増した。

地域的に29州のうち8つの州に限られているが、全体の
6-7割はムンバイが州都であるマハラシュトラ州で
発生している。

死亡者も1日250人強とちょうど半年前と同様な状態に
戻ったのである。

この第二波の最大の原因は、ワクチンができたからもう
パンデミックが終わりだと、「当局も人々も安心して
気が緩んだ」ことにあるように思う。

まず、当局が「必要なものとそうでないものを区別」して
いないように思う。

もし区別しているならば、4つの州での地方選や、12年に
一回開催される世界最大の宗教行事「クンブ・メーラ」は
延期していたに違いない。

28日間も続くこの宗教行事には数百万人が参加し、
ガンジス河で沐浴する。

テレビの報道を見ていると、まるで巡礼者らは
新型コロナの流行から身を守るのはマスクよりも
信仰だと信じているようだ。

つまり、インド人の場合、「運命論」とか「信仰」も
第二波の大きな原因となっている。

それは、お寺参りや祭りへの参加者は全く減って
いないことからも明らかである。

そして、前者(地方選)の場合1から2月ごろから遊説が
各州で行われており、各イベントに数十万人が参加している。

どちらも参加者が基本的なこと、つまりマスクの着用や
対人距離を守っていない。

インド人(しかし、欧米や他の諸外国を見ていると、
決してインド人だけではない)には「自粛」、「自己責任」、
「他人への思いやり」という発想がないというか非常に
弱いと言える。

それは大きな町のレストラン、ホテル、マーケットなどへ
行けば分かる。

一方で、第二波の懸念の一つは富裕層や著名人の感染者が
相次いでいることである。

便数は制限され、帰国後、外出を7日間自粛するように
呼びかけているものの、厳しく実施していないため、
インドでは英国、南アフリカ、ブラジル型の変異株が
見つかっている。

因みに、仕事も学校もオンライン化しているため、
ドバイやモルジブに長期滞在しているインド人の富裕層が
少なくない。

感染者が急増している州の一つは北部のパンジャーブ州
である。

こちらは、原因が明らかである。

昨年制定された農業の民営化に関する新しい3つの法律に
対する農家による反対運動が11月下旬から125日間も
続いており、マスクや対人距離などを守らない数万人の
農民がずっと各地で座り込みを続けており、定期的に入れ
替わったりしている。

すでにいくつかの州で夜間や週末のロックダウンが再び
実施されているが、コロナが完全に退散するのは多分
思っているよりかなり長引くと思う。

逆に、日本は幸いにこういう面で世界各国よりずっと
ましであるように思う。

       【了】

========================

【読者の感想】

インドではワクチン接種が始まり、状況は好転するのかと
思えば、様々な要因により感染再拡大の方向、本当に
感染症対策は複雑で難しいですね。

日本ではワクチン接種がなかなか進まず、感染拡大の
兆候です。

心地よい春ですが、安心して外出できるは1年以上先に
なりそうです。

 

【最後に】

デリー在住ハッピー・ハンター石井博子からのメール紹介

「4月6日から4月30日まで、デリーで外出禁止令が発令
されました。

22:00-05:00 は外出禁止。

加えて、ケジョリワリ(デリー知事)は、全てのデリー市民に
ワクチンを受けるように伝えています。

今朝の新聞で、ワクチン接種を24時間受けられるように
病院を開放する、と書いてありました。

ロックダウンを再びするよりも、ワクチンを摂取させ、
経済を回す方針です。

私も来週、ワクチンを打とうと思います。」

 

★ 最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

======================

"紅茶専門店スタッフのブログ:マカイバリ紅茶日記"
   こちらのブログはインド発と日本発です。
     ↓      ↓       ↓
   http://makaibari.tea-nifty.com/blog/

=========================
マカイバリジャパンのホームページにも時々訪ねてみてください。
お待ちしています。
↓      ↓     ↓     ↓
http://www.makaibari.co.jp/

ダージリン・マカイバリ通信の登録はこちらから。
↓        ↓       ↓
https://www.mag2.com/m/0000072500.html

======================
 インド・ガネーシャ通信管理人:石井 洋子
 (インド・ダージリン・マカイバリ茶園総代理店)
         http://www.makaibari.co.jp/

◆ "紅茶専門店スタッフのブログ:マカイバリ紅茶日記"
      こちらのブログもインド発です。
     ↓      ↓       ↓
   http://makaibari.tea-nifty.com/blog/



マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 有限会社マカイバリジャパン
〒165-0025 東京都中野区沼袋4-38-2
tel: 03-5942-8210 / fax: 03-5942-8211 / tea@makaibari.co.jp

「マカイバリ」の呼称およびロゴは有限会社マカイバリジャパンの登録商標です
Copyright (C) 2021 Makaibari Japan Ltd. All Rights Reserved.